Exclusive Markets PAMM専用口座について

今回は、エクスクルーシブ・マーケットのよくある質問のPAMMソルーションに関する質問への回答です。
このページでは、エクスクルーシブ・マーケットで扱っているPAMM専用口座についてお話します。

Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット) PAMM専用口座について

Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット) PAMM専用口座について、色々とご案内していきたいと思います。

その前に、PAMM取引というのは海外では頻繁に行なわれている取引なのですが、日本国内では正直言いますと浸透力が薄いです。

それはなぜかと申しますと、日本国内のFX業者ではPAMM取引自体が行なわれていないからですね。

なので、PAMM取引というのは海外業者特有の取引なので、海外のトレーダーの間では頻繁に行なわれている取引なのですが、特に日本人のトレーダーの方で海外業者にてトレードを行っている方でしたら、今回ご紹介するPAMM取引について、知っておくと非常に便利です。

というのは、投資家達にとって非常に便利な取引だからですね!

という訳で、Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)のPAMM専用口座の具体的なご案内に入る前に、まず初心者の方達の為にPAMMに関する基礎知識からご案内して参りたいと思いますので、投資家希望の方を始め運用者の方もこの機会に是非ご参考ください。

PAMM(パム)とは?

PAMM(パム)とは、Percentage Allocation Management Moduleの略で、投資家(インベスターとも言います)が、運用者(マスターとも言います)に金銭を出資し、そのマスターが代わって取引を行い損益分配していく事です。

この取引の種類でいえば、もうひとつMAM(マム)という名称も御座いますが、このMAM(マム)とは、Multi Account Managerの略で、運用者(マスター)に FX取引のエントリー・決済を委託し、自分の口座で完全にミラーで自動的にトレードする事です。

簡単に言ってしまえばMAM(マム)の場合は、運用者(マスター)が取引した内容全てが自分の口座で確認出来ますが、PAMM(パム)の場合は取引内容が見えませんがお金が増えているか減っているかの状況が確認出来るという違いがあります。

基本的には、取引状況が見えるか見えないかという違いだけであって、PAMM&MAMの名称内の中では、そこまで大きな違いと言う程のものではありませんが、この取引の共通点でいえば、いずれも投資家(インベスター)が取引の判断を一切せず、運用者(マスター)にすべてをお任せする取引という点ですね。

ファンドとPAMM(パム)&MAM(マム)の違いは?

更に判りやすくご説明しておきますと、FX投資を運用していく上で、よく日本国内ではファンドという言葉を耳にされると思いますが、PAMM(パム)&MAM(マム)というのは、このファンド形式によく似ています。

ファンドというのは、ある所にお金だけを預けてそれを運用してもらうというのが基本ですが、反対にこのPAMM(パム)&MAM(マム)というのは、ご自身でFX会社の専用口座を作ってお金を預けていきます。

専用口座にお金を預ける事で、運用者(マスター)がそのFX会社内で運用してくれるという点であり、要するに他人が運用する事で自分の口座にあるお金が増えたり減ったりするという仕組みなのです。

また、ファンドとは違いPAMM(パム)&MAM(マム)の何が便利かというと、あなたご自身が好きな時にお金を引き出せる事です。

反対にファンドの場合、運用者(マスター)に直接お金を預けてしまうので、信用し過ぎて騙されてお金を持っていかれてしまうという最悪なケースも考えられます。

そういう意味では、PAMM(パム)&MAM(マム)の場合、ご自身の専用口座にお金を預けていく訳なので、より安全性が高いと言える事でしょう。

PAMM(パム)&MAM(マム)のメリット
PAMM(パム)&MAM(マム)のメリットとしては、先程ご案内したとおり、ファンド型とは違い運用者(マスター)にお金を預けるのではなく、あくまでもFX業者のご自身の専用口座にお金を預けていくので安全性が高いという点です。

という事は、自分の専用口座にお金がある為、ご自身が取引をやめたい時にやめる事はいつでも可能ですし、反対に信用性があり調子も良い状況なので、もっと資産を増やしたい場合には、ご自身の専用口座に追加入金するだけで、当然運用残高も増えていきますので、その分大きく資産を増やす事が可能となります。

専用口座にお金を預けて安全性をまず確保し、取引を開始して調子が悪ければ辞めていき、反対に調子が良ければ増資をして更に資産を確保していく、あとは運用者(マスター)さんの腕次第で頼んだぞ~というのが、PAMM(パム)&MAM(マム)のメリットなのですね。

PAMM(パム)&MAM(マム)を行うなら海外サイトがお薦め!!
日本国内では、PAMM(パム)やMAM(マム)といった取引は全面禁止です。
なので、PAMM(パム)&MAM(マム)といった名称や取引内容を知らないという方が圧倒的に多い訳なのですが、その前に国内と海外とでは基本的な取引ルールからして大きな違いがあります。

ここは、日本国内のみで海外のFX業者で取引を行った事のないというトレーダーさんは特に参考にして頂ければと思います。

例えば、日本の国内業者の場合、レバレッジ規制がある上に入金額以上の損失まで背負わなければならない可能性もあるのです。

反対に海外業者の場合、レバレッジ規制がない上にゼロカットシステムにより入金額以上の損失は背負わずに済むのです。

要するに、大きな利益を生む事が出来ず損失も背負う可能性もある国内取引に対して、利益を上げる時は大きく損失は最小限というのが海外取引なのです。

そして直接お金を預けて、信用し過ぎてお金を持って行かれる危険性があるファンドに対し、お金はあくまでも各サイトの取引口座なので安全面が守られるPAMM(パム)&MAM(マム)取引。

だったら、国内取引やファンドをやるぐらいなら、はじめから海外取引でPAMM(パム)&MAM(マム)取引した方がまだマシじゃないか!となる訳なのですね 笑

※国内のレバレッジ規制について
証拠金のゼロカットシステムは置いといて、日本のFX業者と海外のFX業者との間で、なぜこんなにもレバレッジの差が開いているのか?と申しますと、日本国内でも十数年前まではレバレッジ何百倍という時代も実際にあったのです。

しかし、騙されたり持ち逃げされたり計画倒産されたりで詐欺事件が勃発した為、国内での規制がどんどん厳しくなってしまったというのがきっかけです。

そして、時が流れて更に厳しくなり国内FX業奢では、最大25倍へと落ち込んでおります。

よく巷で、海外業者は詐欺だ!日本国内業者だからこそ安全だと、明らかに同業と思われる海外業者への嫌がらせによる記事をたまに目にするのですが、では日本の証券は正しい道のりを歩んで来たかと言えば、決してそうとは言い切れません。

「大豆が値上がりしました」「米を買うなら今がチャンスです」と、先物証券会社と語り、電話勧誘でお金を巻き上げる事を目的とした日本の詐欺会社が全国で頻繁に存在し、これがきっかけで海外先物のイメージを狂わせてしまった時期もあれば、FXトレード開始当初は余りの対応の酷さに「ザル対応」とレッテルを貼られた時期もありで、国内業者も悪評に値する地雷を踏んで来たのも事実です。

そして、レバレッジ規制もどんどん厳しくなった原因を作ったのも、海外ではなくむしろ日本側であって、国内業者間同士でより良い環境作りに着手していかなければ、この先更に規制が厳しくなり、お客様もどんどん条件の良い海外業者へと流れていくのは当然の事、他人の国をとやかく言う暇がある位なら、まず自分の国の身の回りの整理をしていく必要があると、個人的には感じております。

PAMM(パム)&MAM(マム)取引のマナーについて
PAMM(パム)&MAM(マム)についてご説明してまいりましたが、ご理解頂けたでしょうか?
但しこの取引を開始していく上で、ここだけは十分ご注意ください。

PAMM(パム)やMAM(マム)取引は、あくまでも運用者(マスター)の元で行っていく取引です。
取引を開始したものの大きな損失となってしまった場合、登録先のFX業者に文句やクレームを言う投資家(インベスター)もおりますが、これは全くの間違いです。

なぜならば、各FX業者は運用者(マスター)に対し、PAMM(パム)やMAM(マム)取引を行なう為の環境、つまりお部屋のスペースを提供しているのみであって、細かな取引内容まではFX業者側は全く関知しておりません。

例えば東京ドームという会場でプロ野球の試合が行なわれたとします。
そこで試合に負けたからと言って、負けたチーム側ではなく、試合会場先の東京ドーム側に文句言っているようなものです。

東京ドーム側にしてみれば、あくまでも試合を行う為の会場を提供しているだけであって、文句を言ったところで一体何の事を言っているのかさっぱり判らず、そんな事は負けたチーム側に直接文句を言ってくれ!となりますよね?

それと同じように、あくまでも海外FX業者側は運用者(マスター)と投資家(インベスター)との間で基本契約を結んだ上で、PAMM(パム)やMAM(マム)取引を行なう為の場所を提供しているだけなので、思うように資産が増えていかないなど不明点が発生しましたら、実際に取引を行う投資家(インベスター)側に直接問いただして一刻も早く問題解決を行っていく事が重要です。

特にお金を預けていく投資家(インベスター)の方は、その辺ご理解頂いた上でPAMM(パム)やMAM(マム)取引を開始してください。

PAMM(パム)&MAM(マム)を開始する為の心得として
相場というのは常に上下に動くものであって、いつ何時世界情勢も変化をしていくものであります。

景気が良い時もあれば、反対に悪い時もあり政府の法律や条例改正により、当たり前だったものが変化したり、また、地震や津波などによる自然破壊もあれば、今回のコロナウィルスのように、目に見えないウィルスにより全世界経済にも影響を及ぼす時もあります。

それを運用者(マスター)に全て一任したからといって、予測不能なものまで予想しろと言われた所で、どんな腕利きの運用者を掴まえた所で無理な話しでもありますので、そこは理解しなければなりません。

まずは、決められた運用者(マスター)の元で開始する以上は、長い目で観てあげる事も重要な事ですし、そして何よりもこの取引というのは判断を一切せず、運用者(マスター)に全てを一任させていく取引です。

投資家(インベスター)の方は、海のものとも山のものとも知らぬ、また見た事も聞いた事も無いような得体の知らない運用者(マスター)の元で取引を開始するのではなく、十分に投資経験があり信用のおける長いお知り合いの方や、知識豊富な専門家の方をいかに確保していく事も、この取引を行なう上での戦略の一つとも言えます。

開始したのはいいが、運用者(マスター)の身元もよくわからない、取引状況もよくわからない、連絡しても繋がらないでは、いつの間にか資産がなくなり結局泣き寝入りをし、矛先をFX業者に向けて金返せと文句を言う!
これは一番行ってはならない行為なので十分に注意しましょう。

PAMM(パム)&MAM(マム)取引戦略について
PAMM(パム)&MAM(マム)取引というのは、あくまえでもあなたに代わって投資家(インベスター)が取引を行うものです。

しかし、いくら他人任せだからと言って、調子が良い時に入金額をどんどんつぎ込んでいき、反対に調子が悪い時は、その損失を取り戻す為にどんどん入金額をつぎこんでいくやり方も、大きな火傷となるケースにもなります。

そこは、高額な資金を一気につぎ込む事を優先にするのではなく長いスパンで物事を捉え、利益損失状況を把握しながらコツコツと利益を積み重ね、またコツコツと損失を取り戻していき、押しては引いて入金額を調整していくやり方が理想とも言えます。

いくら投資家(インベスター)が取引を行うからと言っても、あなたの大切な資金を入金する以上は、あなたが投資をしてトレードしていくのと何ら代わりも御座いません、欲ばかりにとらわれずコツコツと積み上げていく事を心がけていきましょう。

ご納得いきましたら、ここから先はPAMM(パム)やMAM(マム)取引を開始していく上での、海外FX業者選びについて、ご案内していきたいと思います。

海外業者でPAMM(パム)MAM(マム)を行っているサイトはありますか?
勿論、御座います。

海外業者FX業者では、法人口座を始めPAMM(パム)口座&MAM(マム)口座を積極的に受け入れている所も多いのです。

その中でも、特にお薦めしたいのが
●金融ライセンスを保有している
●会社法人様にも人気がある
●日本人スタッフによるカスタマーサポートが充実している
海外業者選びで特に注目して欲しいポイントというのは、まさにこの部分です。
●金融ライセンスをきちんと保有している

ここは、もう絶対条件です。
例え海外FX業者であっても、そのサイトに特化した海外での金融ライセンスというものを保有しており、サイト上では必ず明記されております。
まずは、公式サイト上で確認をしてください。

特にですが、その専用口座にお金を預けて頂ければ投資家のあなたに代わって私が取引致しましょう!などと語っておきながら、ご案内されたサイト先が得体の知らない金融ライセンス無表示の会社だったというケースもあります。

そのような業者に手を出すのは、大変危険ですので辞めておくべきです。

●会社法人様にも人気がある
最近海外FX業者の中でも、個人口座に限らず会社法人による法人口座も人気のサイトも数多く見受けられます。
基本的に法人口座の方というのは、高額な入金額に加え投資金額も高額となります、各業者選びの中でも決定的な基準となるのがスプレット幅の狭さです。

そのスプレット幅の狭さにより、高額資金を投入し取引を行なう上では最も重要なキーポイントとなるからなのです。

また、会社法人様にも人気があるサイトというのは、高額資金を投入するだけに、PAMM&MAM取引を行なう上では、いかに信頼性が高く安心出来るサイトであるかという海外FX業者選びでの目安にもなるのですね。

●日本人スタッフによるカスタマーサポートが充実している
海外FX業者の中でも、英語版のみのサイトもあれば、日本語サイトはあるものの日本人サポートスタッフが不在の為、おかしな日本語で返信が返ってくる業者さんも中にはあります。
そういう業者は、基本的にお薦めできません。

特に、PAMM&MAMの運用者(マスター)としてご登録される場合、通常の口座登録とは違い、各FXブローカー事に基本な取引環境から開始する為の設置方法、提出書類から契約書類など、条件面を全てクリアーされてはじめて開始されるものなのです。

それには、必ず日本人スタッフのサポートが必要となってきますので、日本人スタッフによるカスタマーサポートが充実しているサイトがよりお薦めです。

お薦め海外FX業者をご紹介
ここで、当サイトでPAMM&MAM取引をお薦めする海外FX業者をご紹介していきます。
私が今回お薦めするサイトは、Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)サイトのPAMM取引です。
まず、Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)について、簡単にご案内していきます。

Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット

Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)公式サイトはコチラ▼
https://exclusivemarkets.com/jp/?ibid=2697

「業界初30,000以上の取扱い商品」
「高速安定した決済スピードを実現」
「最大500倍レバレッジが可能」
「優秀なトレーダーをコピー」
「VPSサーバーを無料サービス」

会社設立は2018年8月、セイシェル共和国金融監督庁(“FSA”) の金融ライセンスを取得し、FX通貨をはじめ、今話題で人気の仮想通貨からCFD商品・ETF商品・株式等30,000以上の豊富な商品取引からモバイル取引にも対応。
また、海外FX業界でも類をみない平均50ミリ程度という高速約定スピードと安定した約定率を誇り、最大レバレッジは500倍!その中でも9段階によるレバレッジ変更も可能です。

そして、Exclusive Markets (エクスクルーシブ・マーケット)の最大の売りの1つともいえる、優秀なトレーダー取引をそのままコピー出来るというソーシャルコピートレードも可能であり、VPSサーバーを無料で使えるサービスも開始させ、更に100%のお得なキャンペーンなど内容てんこ盛りの、私個人的にも超お薦めするまさに太鼓判の海外FXブローカーであります。

Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット) PAMM取引お薦め理由
Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)サイトは、2021年より本格的日本進出と言う事で、まだまだ日が浅いものの日本専用口座オープン開始と同時に新規口座開設者が殺到!破格なキャンペーンに加え、何と言っても他のFX業者に比べ取引環境から内容も充実!
ソーシャルコピートレードからVPSサーバーを無料で使えるサービスもありで、スプレット幅も狭く個人口座は勿論の事、会社法人口座にも人気のあるサイトであり日本人スタップによる徹底的なサポ―トも充実しております。

●金融ライセンスを保有している
●会社法人様にも人気がある
●日本人スタッフによるカスタマーサポートが充実している

まさに、PAMM取引を行なっていく上で、Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)は、申し分のないお薦めサイトと言えるでしょう。
というか、海外FXに興味があるトレーダーは、ここは黙ってでも登録すべし!まるでメジャーリーグ大谷翔平二刀流クラスの企画外的サイトだからなのです。

Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット) PAMMソルーション概要

只今、Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)では、投資家(インベスター)より投資資金を預かり、投資資金を運用したい運用者(マスター)様の為にPAMM(パーセンテージ・アローケーション・マネージメント・モジュール)ソルーションというサービスを提供しています。

PAMMソルーションの運用者(マスター)は、ストラテジー・プロバイダー、アセットマネージャーとも呼ばれ、投資家(インベスター)資金を投資運用する個人又は法人の事を言います。

Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)では、個人・法人問わず本PAMMソルーションサービスのご利用並びにご登録頂く事が出来ます。

又、Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)でのPAMMソルーションでは、一人のマネー・マネージャーが一つ以上、複数の運用口座を保持・運営する事も可能です。

MAM専用口座の運用者(マスター)の新規ご登録について
Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)では、只今投資家に代わって取引を行って頂く、PAMM専用口座の運用者(マスター)の新規受付を行っております。

※既に数人の投資家を確保し、そのグループの取引管理者として参加ご希望の方のみご登録が可能となります。

尚、Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)のマルチアカウントマネジャー(MAM)口座の運用者(マスター)として参加する際には、まず管理者専用口座の新規ご登録が必要となります。

こちらのページでは、運用者(マスター)用の新規ご登録方法から 、更に投資家(インベスター)への分配・割合設定などの具体的内容について、わかりやすくご案内してまいりますので、是非ご参考にしてください。
PAMM口座、運用者(マスター)専用の新規登録内容についてはコチラ

MAM専用口座の投資家(インベスター)参加者の新規ご登録について
Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)の投資家(インベスター)としてPAMM取引を参加する為には、まず、あなたの代わりに取引をして頂ける運用者(マスター)が決定しなければご利用出来ませんので、あらかじめご了承ください。

既に、運用者(マスター)が確定し、実際に投資家(インベスター)としてPAMM取引に参加する為には、まずExclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)の専用アカウント口座が必要となります。

こちらのページでは、投資家(インベスター)用のPAMM専用口座登録方法などの具体的内容について、わかりやすくご案内してまいりますので、是非ご参考にしてください。

PAMM口座、投資家(インベスター)参加者専用の新規登録内容についてはコチラ

以上、PAMM専用口座についてでした。

その他、何かありましたら日本語カスタマーサポートが対応していますので興味がありましたら活用ください。
連絡先は下記になります。

日本語ウェブサイト:https://exclusivemarkets.com/jp/
日本語サポートメールアドレス:japan@exclusivemarkets.com
電話番号:+44 20 8089 5026 (英語)
ライブチャット:平日24時間対応(英語)平日日本時間午後15時~0時(日本語)

以上、エクスクルーシブ・マーケットのストラテジー投資についてでした参考になれば幸いです。
それでは本日はこの辺で!

エクスクルーシブ・マーケットの口座開設がまだの場合はこちらから確認ください。

■「Exclusive Markets (エクスクルーシブ・マーケット) 」
⇒ https://exclusivemarkets.com/jp/

その他、エクスクルーシブマーケットの総合解説ページはコチラ↓


Exclusive Markets (エクスクルーシブ・マーケット) TOPはこちら>>>